カテゴリー別アーカイブ: 初音ミク解説

初心者による音楽知識ゼロでもできる初音ミク攻略(5)

今回はWaveToneを利用したお手軽耳コピ方法の紹介。これなら誰でも簡単に短時間で耳コピできると思うのでオススメです。なぜオレはあんな無駄な時間を…。
とりあえずWaveToneを起動したら、耳コピしたいWaveファイルかMP3ファイルかを投げ込みましょう。

解析の設定はデフォでいいです。サンプル数を上げると音程方向(音の高さ)の精度が上がりますが、時間方向(音の長さ)の精度が落ちます。

続きを読む

初心者による音楽知識ゼロでもできる初音ミク攻略(4)

耳コピはできた、オケも用意した、KRISTALでぴったり位置を合わせた…しかしこのままだとあまりにも悲惨。てなわけで、今回はミクの声に色々エフェクトをかけてうまいように聞かせるテクニックやらの紹介です。
ちなみに何よりも俺が理解できないていないので、HALLUCINOでどういう風に設定していたのかを画像で載せておきます。説明が間違ってる可能性もかなり高いですが、こんな風にできるんだなーぐらいに思ってもらえれば…。
まず、KRISTALはEffectChainerを導入しないとエフェクトが2つまでしかかけられないので注意です。要するに入れよう。
BLOCKFISH

まずはコンプレッサーです。声の変動範囲を一定レベルに抑えてくれる効果があり、ぶっちゃけて言えばもはや政府転覆しかない下手な歌が確実にうまくなる魔法のエフェクトだ。特にミクには適当に設定しても割と大丈夫なので色々やってみよう。基本的にはcompressionをあげて声の通りをよくすればOK。

続きを読む

初心者による音楽知識ゼロでもできる初音ミク攻略(3)

音楽的知識がゼロでも大丈夫な初音ミク講座の第三回です。第二回はこちら
この攻略も第三回目、今回は各コントロールパラメーターについて自分がよくやってる調教方法を書いてみます。基本的なところはヘルプが詳しいので見てね。
○ダイナミクス(DYN)
要するに音量だ。ぶっちゃけるとこれをいじるだけで基本的なことは全てできちゃうぐらい大切。あんまりやり過ぎると力技過ぎるけど、力こそパワーなんだ。
まず調教の手始めとして、曲の盛り上がるところは大きく、静かなところは小さくなるようにする。少し縮小した状態にして、鉛筆ツールでがががーっと引こう。どうせミクじゃ細かい作業ができないので、神経質にならずにやるのがコツだ。けどあくまで滑らかに引こう。特に音の途中で急に上下するとおかしくなります。
続いて、声がブツ切れだったり妙に伸ばしすぎたりするとダサいので、音の長さとあうように下り坂を作るのも便利。そういうわけなので、後からDYNで調整する事を考えて音は少し長めに配置するのがコツだ。
先日アップしたVSQファイルでは「だんごうだんごうだんごう」って聞こえるので、これは少し削るべき。

音符の終わりまでにDYNを0にすると自然に抜ける音になり、半拍のポイントでガクッと下がるようにすればリズム感も残ります。要するに画像見てください。

続きを読む

初心者による音楽知識ゼロでもできる初音ミク攻略(2)

音楽的知識がゼロでも大丈夫な初音ミク講座の第二回です。第一回はこちら
まずは元曲のBPMを測定しましょう。BPMっていうのは曲のテンポをあらわす数字で、きっと音ゲーとかのアレと同じです。1分間に何回リズム刻んだかって数値らしいんですが、四の五の言わずにBPMカウンターを使って測定しましょう。だがしかし人力です。

起動したら「 」というリズムでBEATボタンを押していきましょう。averageってのが目的となるBPMなんですが、数値がもりもり変化していきますよね。
要するに人力作業の平均値をとるので、時間をかければかけるほど精度はあがります。とりあえず1分ぐらいは我慢してクリックしましょう。みんなーできたかなー!?ちゃんとリズムよく押せてればBPMが大体100であることが分かるはずだ。もし全然違う数値になってしまったらBEATボタンを押すタイミングが違う予感です。ちゃんと説明嫁。

続きを読む

初心者による音楽知識ゼロでもできる初音ミク攻略(1)

音楽的知識がゼロでも大丈夫な初音ミク講座です。なぜなら俺は音楽的センスも知識も技術もゼロだからだ。あと初音ミク以外はフリーソフトを使って作業するのでノーマネーでフィニッシュ大丈夫です。

まずはデフォルト歌唱スタイルを設定します。インスト直後の設定だととてつもなく音痴ガールなので「ベンドの深さ」を変更しましょう。いいからドーピングベンドの深さだ!

続きを読む