グリモワール

前回、前々回に続き、かむはたさんに非電源ゲームを紹介してもらうのコーナー。カテゴリー「NO BOT,NO LIFE.」。うそうそ。
とりあえず今回紹介するゲームは「グリモワール」です。
鴨音
綺灯 箱やカードのイラストは割と硬派な雰囲気なんですが、
コンポーネント全体の数、サイズは小さい感じ。
グリモワール小さい
何故小さいPSPのゲームと比較するのか。
で、何するゲームなのん。
鴨音
綺灯 ゲームの進行は至って簡単。
全体図
まずゲームの開始時に
プレイヤーは「グリモワール」と呼ばれる魔道書を渡されます。
綺灯 自分の場はこんな感じ
1)ラウンドの始めに各プレイヤーは「グリモワール」に書かれた魔法の中から、使いたい魔法をひとつ選んでしおりを挟んでおきます。
2)選んだ魔法を全員同時に公開し、魔法の番号を確認します。
3)魔法の番号が若いプレイヤーから、番号の若い順番トークンを取得し、このラウンドのプレイ順が決まります。
4)3)で決まった順に、各プレイヤーは以下のプレイを行います。
  ・魔法の効果の発動。
  ・クエストカードの取得。
  ・その他(仲間の能力の解決…etc)
5)全員のプレイが終わったら、ラウンド終了。次のラウンドの準備をします。
6)ゲームの終了条件を満たすまで、1)~5)を繰り返します。
こんだけ。
盤面はこんな感じ
本にしおりを挟むのが新しいね。魔道書って感じがする! 鴨音
綺灯 ゲームの終了条件は「クエストカード(仲間)」か「クエストカード(財宝)」の、どちらか一方を10枚揃えたプレイヤーが出現し、そのラウンドが終了するまで。
そしてゲーム終了時に、クエストカード、アイテムカードに書かれたVPと、別途手に入れたチップのVP、それに特殊な条件で手に入るVPを全て合計して、一番大きかった人が勝ち。
何となくのセオリーってか、やり取りの雰囲気はどんな感じなの? 鴨音
綺灯 ・VPを稼ぐ方針がいくつかあるので、どこを目指すかでプレイスタイルが変わってくる。
・そして、それぞれの方針を打ち砕いて逆転する要素をもつ魔法が存在する。
・が、そういう魔法は番号が大きく、使うとそのラウンドでは必要なカードが概ね入手出来ない。
・防御魔法で防がれたりすると最悪。
・同じ番号の魔法を選んだ人が複数居ると、まとめて手番が遅くなる。
・その他諸々。
挙げるとキリが無いんですが、上記のような読み合いパナし合いが、プレイ毎に違った形で入り乱れて興奮しまくりなんですよ。
なるほどう。ガチガチのシビアなゲームよりはパナせるヤツのほうが好きだぜ! 鴨音

グリモワール」への2件のフィードバック