どうするコマンド

「入力精度」
これは近年の格闘ゲームをやるにあたっては非常に大事な要素。コマンド技を確実に出せるだけでなく、とっさのガード切り替えや目押しといったテクニックにもこれが必要になってきます。
メルブラがアーケードデビューしたことで、自分も昔のようにゲームセンターで遊ぶことが増えたました。しかし、自分はこの「入力精度」がかなり低い。
いわゆる波動(236)や昇竜(623)のコマンドなら大丈夫ですが、覇王翔吼拳(641236)やレイジングストーム(3412361)なんかは非常に怪しい。さらに2P側になってくると、昇竜拳なんかもかなり怪しくなってきます。
でまぁレバーだとこんな感じなのですが、パッドなら正確な入力ができるみたいなんですよ。やはり練習量の差かなぁ、ってなことで近頃はPC用のレバーでせっせとコマンド入力の練習してます。
●ゲーセンでの珍プレー集(レバー編)
レベル1.波動拳を出そうとしてハイジャンプ攻撃(2369+攻)
レベル2.逆昇竜拳(421+攻)を出そうとして昇竜拳(623+攻)
レベル3.操作中にツルっとレバーを離してしまう
レベル4.いつの間にかレバーのボールがない
レベル5.ていうかレバーが壊れた
レベル3まではしょっちゅうやっちゃってます。緊張してる時はレベル4も余裕なんですが、レベル5ともなると中々に厳しい。一番厳しいのはお店側っていうオチ。
サセーン!

どうするコマンド」への6件のフィードバック

  1. Holly

    これはレベル1.5くらいだと思うのですが
    「歩きながら波動拳を出そうとして昇龍拳が出てしまう」
    ・ω・)ノ はい、よくやります。個人的にはレベル4になり易いですね。