なんということだ

僕が今まで紅蓮拳だと思っていたものは紅蓮拳・改だったようです。
僕が今まで紅蓮拳・改だと思っていたものは烈尖頂だったようです。
僕が今まで烈尖頂だと思っていたものは烈殱破だったようです。
僕は本当にZERO3でかりんを使っていたのだろうか…
一応何でこんな勘違いをしていたのか解説するとですね、カプジャムで紅蓮拳・改って技が追加されたんですよ。紅蓮拳が236Pで、紅蓮拳・改が41236Pってコマンドでして、グラフィックも性能もそっくり。僕はレバー操作が苦手なので、下から回すの嫌って波動コマンドも横から回すんですよ。だから236Pを出してるつもりでも41236Pになっていたようです。
で、紅蓮拳を出しているつもりで紅蓮拳・改を出していたため、紅蓮拳・改って技を脳内で勝手に決めちゃったんです。それが烈尖頂。烈尖頂は紅蓮拳と同じく移動系の技で、異なるのは肘で攻撃する点。インスト見て勝手に納得。ちなみに烈尖頂はZERO3からありました。
攻略とか見てると、OCにレッセンって書いてあるんですよ。あー、なるほどレッセンね!レッセンれっせん…烈尖頂(レッセンチョウ)…烈殱破(レッセンハ)…どっちだよ!
結局のところ、烈尖頂は通称「肘」、烈殱破は通称「レッセン」らしいです。色々謎が解けたよ!